旅の手帖さん

食べてばっかりじゃなくてお仕事もがんばっています。
先日発行された「旅の手帖」7月号で、四国の記事を書かせていただきました。

年に一度のお祭り企画(と私が勝手に思っている)青春18きっぷ特集です。
四国はスイーツがテーマ!イイ感じに四国四県の個性が出ていると思いますので
ぜひ買って読んでください。お願いいたします。

甘いものに関しては、香川と徳島のレベルがかなり高いと思う今日この頃。
和三盆を作り続けてきた土地ですから、甘さの加減がお見事なんです。
生粋の高知県民としては悔しいですが、でも白旗しか出ないくらいおいしいです。

こちらは誌面でご紹介している香川のお店で、自分用に買った和三盆糖。
地元名物の唐辛子が入った「辛糖」というんですが、
意外に合うんですよ、というよりも、最高においしいです。

口に入れるとスーッと溶けていく間に
上品な甘みと、和三盆独特の香り、
そして、ピリリと軽快な唐辛子の刺激が走っていくんです。
辛さじゃなく『刺激』ってところがミソ。

あまりにも上品に軽やかに走っていくので
「えっ!このおいしさは何?」って、もう一粒食べちゃうんです。
そうこうしてたら、もう完食ですわ。

あーーーー、10袋くらい買っておけばよかった!!わたしのバカ!

でも、お店の方がとても素敵な方だったので
また買いに行くのも楽しみだなと思っています。

どこのお店かは、誌面をご覧ください。香川のお店です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA